FC2ブログ
2013年04月16日 (火) | Edit |
20130412_190856_rs1.jpg

このごろ、私の仕事って希少価値だな、絶滅危惧種かな?などと思うことが多い。

「からだほぐし」(脱力)ひとつ取ってもそう。
どうやら、親も学校も友人も、誰もからだのチカラ(緊張)の抜きかたを教えてくれない、教えてもらったこともないようだ。

だから、レッスンに参加してくれた人は、チカラを抜くっていうのはこう言うことだったのか!と、驚く。

ちょっと困ってしまうのは、誰もからだのチカラの抜きかたを教えていないので、世間の中に「からだのチカラを抜く」という発想が、皆無に近い状態になってしまっていること。だから、絶滅危惧種!放って置いたら消えてしまう。

どうチカラを入れればよいか、入れなければならないかは、学ぶ機会が多い。けれども、どうやったらチカラが抜けるか、そもそもチカラが抜けるってどういうことなのか、みんな分かっているようでいて、あんまり分かっていなかったり、大体で済ましていたり。

考えてみれば、チカラを入れるばかりって辛いよね。チカラを抜くのが絶滅したら、みんなロボットになっちゃう。私はそんなの嫌だな。

希少価値を稀少でなくて、誰にとっても価値のあるものにしたい。チカラを抜くのは、特別なことではないし、誰にでもできる単純なことだもの。

絶滅危惧種を救うのが、私の仕事か!なんだかカッコいいな (⌒‐⌒)

By ゆるゆる先生

関連記事