FC2ブログ
2013年03月15日 (金) | Edit |


新宿東急ハンズで、ようやく手に入りました。情報カード、昔、図書館の検索(目録)カードに使われていた「あれ」です。
「あれ」のちょっぴり大きめB6版サイズです。厚手の用紙で、下敷き無くても書き込み可能。
ハーベストカードに使います。100枚購入。ワークショップ参加者100名分。

いま、2006年に名古屋・大阪・広島でやった「からだを感じる」WSの時の感想文(笑いヨガの高田さんが保存していて下さった)を活字に起こしています。各地区30名で合計90枚。
いま読み返して見ると、内容がとても素晴らしい。からだとことばのレッスンとは、何ぞやと云うことが、私が話すよりも、ずっと的確に書きあらわされていました。

WSを良いものに、納得の行くものにと、私自身、一処懸命に考え工夫し集中し、実践を積み重ねて来たことに間違いはなかったのですが、見落としていたのが、参加者の皆さんの感想でした。
自信がなかったのだと思います。レッスンを終えて、参加者がどんなに喜んでくれても、称賛されても、感想を聞くのが怖い、受け入れることが出来なかったようです。

これからのWSでは、参加者の皆さんに、レッスンの最後に感想文(ハーベストカード)をおねがいします。
WSを意義深いものとするために、活用させていただきます。からだとことばのレッスンは、参加者の皆さんによって、いのちを与えられるものですから。

100枚のカードも皆さんをお待ちしています。
ご協力宜しくお願いします。
関連記事