FC2ブログ
2013年03月10日 (日) | Edit |
2013年2月9日 人間と演劇研究所「からだとことばのレッスン」WS
 第1回 「からだを感じる」ワークショップ 報告
あらたにスタートを切りました。
直前の告知にも関わらず、4名の方に参加していただきました。 次回は、3/22(金)小平18:30~、次々回を 4/6(土) 新宿15:30~に予定しています。
今回は、お互いにからだをゆらしながら、からだの内部の感覚に集中を深め(からだを感じる)、からだの中心線をゆるめ、からだの軸を通していくレッスンでした。
終わった後の参加者の立ち姿は、すっきりとのびやかで、まるで春の樹木のように自然で力強く堂々としていました。
新しく、ハーベストシートによる、振り返りの時間を設けました。
最後の10分間を利用して、参加者の皆さんに記入をお願いします。
・からだへの集中によって得られる感覚的な体験や発見は、WS会場を一歩出て、雑踏や日常生活に戻っていくと、すぐに薄れていきます。体験が、より鮮やかなうちに、WSでの収穫(実り)=ハーベストをシートに書き記すことで、意識への定着を促します。
・ハーベストシートは、手書き直筆です。そこには文章としての意味だけではなく、参加された一人一人の気持ちの、リズムや勢いが自然と息づいています。次回のレッスンを考え、つなげていくための貴重な参考資料として活用させていただきます。
・レッスンを体験をせずに、その内容をことばや映像で説明することは困難です。そこで、興味をお持ちの方に、雰囲気をわかっていただく手がかりとして、ハーベストシートを整理して公開させていただきます。ご協力よろしくお願いします。
早速ですが、参加者4名のうち3名の方のハーベストシートを以下に掲載させていただきます。ご参照ください。
「第1回の感想」  A.K さん

体の力がぬけている時とそうでない時の印象の差の大きさに 驚きました。普段はかなり力が入ってしまっているので、日常でも できる脱力の仕方を学びたいです。
他の人がリラックスや力が入っている時の違いもなんとなくわかりました。
人間をここまでじっくり観察する機会はなかなかなかったです。
他の人の状態をもっと感じることができるようになりたいです。
「◎」  R.I さん

○体を中から かえていく ことがわかりました
○リラックスしていないと、どんどんかたまることがわかりました
○自分も、リラックスしながら、相手をマッサージするのは介護に似てる気がしました。
 R.I感想(1) 
ゾンビみたいな動きがいい.足もとからぶらぶら
R.I感想(2) 
ごろごろ 人の体がこんなにカンタンにごろごろ動くなんて
「第1回 初体験をした」  A.S さん

今日は、初めて体を感じてみて、他人によって 自由に動かされる面白さ、 ゆらされている時の体の中の細かい部分がゆれていることを実感して 初めて自分の中の臓器や骨がやわらかく動いているんだなぁ~と いうことを知りました。
普段は何気なく動かしている体も意識して動かしていると、 ただ生きているだけでなく、体の一つ一つが生きているなと 感じることができました。
A.S 感想 
笑いながら怒る人をする竹中直人さんの首もきっと頭のおもさと体のゆれから ゆらゆらしているのだと思います(笑)

今日の体験ペアの相方さんの手がとてもあたたかくてやわらかくて気持ちが良かったです。いつも姿勢が悪く猫背だと言われる私も今日の体験後はとても 姿勢が良くなっていてうれしかったで―す!!
瀬戸嶋 充(ゆるゆる先生)のハーベストシート

「からだを感じる」ということは、体育教育の中から抜け落ちています。脳=意識を司令塔として、身体を意識の命令に従わすための訓練(筋トレやストレッチ)が、近代体育の基本理念になっているようです。
日本古来の身心修養法に「座禅」があります。その基本は「呼吸を感じること」「からだの感じに集中すること」です。座禅を組むことで、身心共々の修養と人間性の成長、身心の健康と安心とを実現する。シンプルで誰にでもできる体育法が日本やアジアにはあり、古来利用されてきました。
野口体操も、体操競技のように運動能力を鍛えて付け足すのではなく、からだを感じて余計な力みに気づき、それを解きほぐし、誰もが本来自然のうちに持ち合わせている、こころとからだの力を開放するそんな身体法です。からだの主軸が緊張から解放されることで、内的な勢い=姿勢(すがたのいきおい)が回復してきます。
WS3
写真は、参加者の皆さんがハーベストシート(収穫誌)を記入しているところです。
手先や目や頭だけではなく、からだ全体が書くことに集中しているのがよく分かります。
・さて次回がもう楽しみになってきました。からだの対話や、逆立ちのレッスンも、入れて行こうかと考えています。
・皆さまありがとうございました。参加者はもちろん、様々な方々の励ましがあって、善きスタートが切れました。これからもよろしくお願いします。

関連記事