FC2ブログ
2019年01月22日 (火) | Edit |
図2-blog-2

『からだとことばといのちのレッスン』

竹内レッスンの助手を7年間務めたあと、「からだ」とは、「ことば」とは、と30年以上探究しつづけてきた瀬戸嶋さんを講師として名古屋にお迎えします。自分の身体や声を再発見する驚きとワクワクを一緒に楽しみましょう。

◆レッスンは2種類
① 2019年4月6日(土)14:00~17:00
からだをゆるめる基本の方法と、その体感 (野口体操)
② 2019年4月7日(日)10:00~18:00
からだをゆるめた後、深い呼吸やお腹からの声に繋ぐ
(野口体操 および からだとことばのレッスン)

会場:名古屋市南区 (詳しくは参加の方にお伝えします)
講師:瀬戸嶋充・ばん 「人間と演劇研究所」主催者
参加費:①5千円 ②14,000円 (いずれも事前振込)
定員:各10名(定員になり次第締め切ります)
お申込み先:ワークス樹樹 メール worksjuju@gmail.com
お名前・連絡先・参加日をお知らせください。
参加費振込先をお知らせします。
持ち物:動きやすい服装、②は昼食持参

◆2018年 ワンデイレッスン参加者の声(初めての人もリピーターも満足!)
◇もっと自分の体を感じ、ゆるめてあげて、生きていきたいと思いました。そういう自然体が人を受け入れることにもつながると思いました。また参加したいです。 (匿名)
◇身体のつかい方、ゆるめ方、大地とつながると自身をフォーカスしなくてもいいこと、体のことから声を出すことの自然な流れがとても楽しかったです。自分にとっては大きなチャレンジでしたが、とても楽しく大きな解放になり、ありがとうございました。日本人のありかたや精神性のお話がとても心に響きました。 (匿名)
◇どのようなものかあまりわからない中での参加でしたが、参加して本当に良かったです。また日時が合えば参加したいです。 (匿名)
◇久々の瀬戸嶋さんのワーク、楽しかったです。時間が長いのも嬉しいです。
自身の生活やダンスのこと、仕事のことで、色々と考える材料をもらいました。 (匿名)
◇自分が求めていたものはこれだ!とひらけました。何がどう変化したってのはないんですが、声が変わったらしいのでとてもすがすがしい感じです。(石津)
◇ワンデイで時間が十分あったので、からだとことば、声からのアプローチすべてが体験できてとてもよかった。(三谷)
◇1日という短時間でしたけれども、とても濃密なレッスンでした。感謝です!! (夏目)
◇生きる意味とは?とか使命とは? もうこのようなことをむずかしく考えて
いかなくても良いのだ。ゆるめて感じれば良いのだ、と安堵しました。 (匿名)
◇声は普通よりは出すことができると思っていたので、大きな声が出たとき、普段どれだけ抑えていたのだろうと驚きました。今までに見たことのないレッスンでした。(光永)
◇時間が1日あったので良かったです。大阪では3時間~4時間なので、もう少し長ければと思っていたので良かったです。 (和田)
◇瀬戸嶋さん「もっと意識を下におろして・・・」「違う、違
う」「そうそう」私「何で意識まで分かっちゃうの?!」瀬戸嶋さん「見ればわかるよ。やってみるよ。 これと・・・これ」私「なんとなく・・・」瀬戸嶋さん「何となく違うでしょう? そう、わかるもんなんだよ」そして、その人その人に合わせた方法の指導を繰り出していく。 いわれるままに姿勢を直して声を出したときは息の通る管が直径20センチくらいに太くなった感じで驚きました。 (中西)


◆講師紹介:瀬戸嶋 充・ばん
1981年竹内敏晴・野口三千三に師事。
1988年人間と演劇研究所設立。「竹内からだとことばのレッスン」と「野口体操」の継承指導、宮沢賢治作品の舞台創作を続ける。現在、主に東京・大阪・京都でレッスン教室を主宰。その他、内観療法・禅・丹田呼吸法など、日本の伝統に根差した心身修養法を学ぶ。人間と演劇研究所主宰・日本ソマティック心理学協会SPN世話人。

◆講師からのメッセージ
『「からだ」のチカラを抜くレッスン』 緊張という鎧を脱いで、自分本来の姿に立ち還るのが、力を抜くことです。 「しなやかさ」「軽やかさ」「細やかさ(繊細)」、これらは誰もが生まれつき持っている性質です。 成長につれて、これらは失われていきます。ストレスに満ちた現代を生き抜くため、緊張の鎧によって、それらは覆い隠されてしまうのです。いつのまにかその鎧を自分自身と考えて、自分のからだは鈍くて硬いものだと思い込んでしまう。
「力を抜く」ことで、誰もが身に潜めている、本来の性質を取り戻すことができます。 「しなやかさ」「軽やかさ」「細やかさ(繊細)」を取り戻すと、自分の内外の変化を微細に受けとめられるようになります。すなわち感受性が高くなります。「感性の時代」とはよく耳にする言葉です。「感性」が良いとは、感受した変化に自由に対応できることでしょう。これからは、知識や技能偏重の時代から、一人一人の感性に基づいた、自由や豊かさを尊重する時代へと変わっていくのでしょう。
からだの力を抜けば、こころも自由になり、生き生きとした自分=「からだ」を発見することでしょう。『「ことば」のレッスン』は、自分本来の「声」や、自身の深みに根差した「ことば」の成立を目指します。。。。どうぞ『からだとことばといのちのレッスン』を体験してみてください。

◆参考 : 人間と演劇研究所 https://ningen-engeki.jimdo.com/

関連記事