FC2ブログ
2013年01月08日 (火) | Edit |
20120623_112858_rs.jpg

本日は久しぶりに喫茶店で事業計画書の見直しと更なる起草。ゆるゆる先生こと瀬戸嶋充は肝腎の作業は家ではできないタイプ。仕事場はファミレスや喫茶店。でないと集中できないのです。

去年から先の見えない作業だったけど、いくらかはっきりしてきたみたい。事業計画書って、芝居の台本と一緒なんだと思う。紙のうえに寝ている文字を舞台に立ち上がらせるのが演劇。

シェークスピアなどの良くできた戯曲は、誰がやっても面白い。同じように、事業計画書も社会を舞台に、みんなで自分達の世界を作り上げるための台本だと思う。個人のための秘密の作戦実行計画書ではつまらない。

プレゼン資料提出まであと9日。まだまだ先が見えないわりに、焦りがない。
良い傾向です (⌒‐⌒)
関連記事