FC2ブログ
2015年05月20日 (水) | Edit |
2015-05-17 017ed

動画は野口体操「ぶら下がり」の動きの、個人レッスンです。

上体を垂れ下げた姿勢で、胴体・肩腕・首・脚と次々に筋緊張を弛めて行くと、骨格や関節を忘れてしまったような動きができるようになります。

まるで海中に舞うクラゲのように、グニャグニャユラユラフワフワとした動きになります。水流が身体を吹き抜け吹き上げるようにも、ワカメが岩礁に根をおろし水中で揺蕩う(タユタウ)ようにも見えてきます。

初めてこんな動きを目にした人は困惑することでしょう。身体の動きを固定する筋緊張を解いていくと、ぎこちない機械的な動きから、液体的な滑らかな動きへと身体の動きの質が変わっていきます。これが力を抜くレッスン(脱力ワーク)です。


ここまで身体の中の強張りが取れると、立つことも歩くことも、要は日常的な立居振舞がすべて楽に滑らかに動けるようになります。

地に足が着き、足裏は地面にぴったりと吸い付いたよう。重心が下半身に安定し、胸・肩首・顔の表情まで、力みが消えてき軽快でスッキリした感じになります。心も解放感に満たされます。

生活全般における身体活動、もちろんスポーツや表現活動のための準備体操にもなります。全ての身体行動の土台となる身体を準備する運動です。まさに「リベラルアーツ」そのものでしょう。

【脱力ワーク(野口体操)を動画を使って解説しています。脱力は身体を内側から締め付ける箍(タガ)=緊張を外します。羽目・破目を外すともいえます。身体の箍は同時に心の箍でもあります。世界と自分の境目は消え去ります。禅でいう「無心」とはこのことでしょう。】

動画は『カラダのトラブルを解決 動画学習サイト「からごだころ」』http://www.karagodakoro.com/ さんにて、撮影して頂きました。

関連記事
テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体