FC2ブログ
2014年05月21日 (水) | Edit |

Tさんから、定例会翌日に感想のメールをいただきました。初参加の方ですが、レッスンで受け取ったことを丁寧に言葉にしてくれています。ご本人の了承を得て、こちらに転載させていただきます。
定例会への参加をご希望されている方は、どうぞご参照ください。
2014-05-12 携帯電話- 003

以下、新宿定例会翌日にいただいたメールです。
昨日はありがとうございました(Tさんより)
瀬戸嶋先生

ワークショップに参加させていただいたTです。

昨日はよく眠れました。朝起きたときも背骨がぴんと伸びたように感じ、
すっきりした気分です。
この背中の状態を保ちたいです。

先生のお話にはいちいち思い当たることが多く、自分にとって必要な場と人に出会えたんだな、ととてもありがたく思っています。
特に上半身だけを意識して歩いていて、下半身を忘れているため、地に足がついていない人が多いというお話、自分でもそう思うときがあります。

私の歌唱の先生からも、首から上だけの喉歌いで無駄に喉を痛めて響かない声を出したらだめだ、とよく言われるのですが、どう変えていけばいいのか悩んでいたところでした。ワークショップ後にミニレッスンをしていただきありがとうございました。
自分の声が短時間で変わったことがわかりました。
自宅でもやってみます。

体の声を聴き、開いていくことも学びたいですが、人と気持ちの通じるコミュニケーションをとれるようになることは常に私の課題です。

もっというと、ともに生きているという感じをしっかり持ちたいのです。

体ほぐしからわかることも多いですが、呼びかけのレッスンはまたじっくりやりたいです。声だけで「今自分に話しかけられたな」と感じる感覚を味わいたいし、相手に声が届いた、という感覚も感じてみたいです。

では、また伺います。
先生やみなさんと出会えて、とても嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


瀬戸嶋より皆さまへ
レッスンの中で私は、からだとこころ・ことばの問題や課題を、身体の内側の在り方から解いていきます。意識に上ることのない身体の緊張に気付き解きほぐしていくことで、身体に新たな方向性を発見します。緊張努力し頑張ることで、自からのからだと心の声に耳を閉ざすのではなくて、からだの言い分を十分に聴き取りさえすれば、そこから新たに自分が始まります。新たな出会いに向けて。

関連記事
テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体