FC2ブログ
2014年03月15日 (土) | Edit |

DCF00095ed-blg.jpg

 40年前のことですが、私は浪越徳次郎さんの施術を受けたました。仮性近視を直してもらおうと文京区の伝通院前にあった指圧学校を訪ねたときのことです。
  
 お弟子さんに指圧をしてもらっていたところへ、「指圧のこころ、母心、おせば生命の泉湧く。ワッハハッハ~」の笑顔そのまま、院長の浪越先生がやって来て、首筋に指圧をしてくれました。
  
 先生の柔かくしっとりとした親指に首すじを押されたとき、私の身の丈よりも大きな親指に指圧をされた感じがしていました。
  
 指圧のツボを圧されているときに「施術者の親指が自分の身体より大きく感じる」というのは、常識的には不合理な話しです。

 けれどもそれに比べると、お弟子さん達の指圧はツボに錐をねじ込まれるような感じがします。私の身体のコリを、力でねじ伏せるようにグイグイ押される。私は痛みに身体を緊張させて堪えるばかり。次に何をやられるのか不安でなりませんでした。
  
 浪越先生の大きな親指には、温もりと安心感がありました。まさに「母心」の優しさと「生命の泉湧く」爽やかさ。当時多感な16歳の私。そのときの感覚的記憶は今でも私の中にはっきり残っています。このときの体験は、いまでも私の「からだ」観の基底に生きています。
  
 浪越先生は、顔を大きくほころばせて「ワッハハッハ」と笑います。痛みに見まわれたり傷ついたとき、病いは人の心を捕えて縛り上げます。痛みや苦しさだけが心を占め、その他のことは、何の意味も持たないように思えてくる。

笑うことは囚われからの開放です。囚われから自分をほどき、現実の中にある自分の可能性に眼をひらかせます。生きていることはどんな状況にあっても、不幸なだけではないことに。生きていることは幸せによって支えられていることに。
  
 施術とは、施術者にとってもクライアントにとっても、そんな幸せを育てる機会なのだと私は思っています。それは知識や技術だけではどうしようもない部分です。ではどうしたら良いのか?そこのところをみなさんと一緒に探るのが、今回の講座になると思います。
  
 (浪越徳次郎さんといっても、今の人はもう知らないかも知れませんね。マリリンモンローが来日した時に指圧で腰痛を直したことで有名です)
『セラピストならびにヒーラーのための脱力講座』(3月18日(火)・19日(水)18:30~21:30(二日間通し)新宿区大久保地域センター)ご案内はこちら。あと二名ほどの参加が可能です。

関連記事
テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体