FC2ブログ
2020年07月15日 (水) | Edit |
BCC①

『 脱学校の社会 』イヴァン・イリッチ著(東京創元社)
昭和52年10月20日 初版
昭和55年12月15日   9 版(1980年)

1980年冬といえば、竹内演劇研究所に入る前、教員の採用試験に落ちて、次年度の試験に向けて勉強を始めたころだと思う。

教員採用の筆記試験をとおって2次の集団面接へ。面談で私の頭の中は真っ白になった。ホントに頭は真っ白になる。同席した教員志望の面々が、試験官の質問に答えている。先生でもないくせに、理想的な教育論をみんな堂々と答えている。

私はといえば、手は震え意識はフリーズし、全く言葉に詰まってしまった。真っ白な頭の中にどんなに爪を立てようとしても手が架からない。言葉がつかみ出せない。頭が真っ白になるのはファーストキッス以来か!(笑)

採用試験に落ちて、私は実際の教育について何にも知らないことに気づく。子供や生徒と関わったこともない。

教育実習は一応済ませていたが、その内容の酷さと言ったら思い出すのも憚られるほどで、指導教官に呆れらながらも一時間だけ、一コマの道徳の授業だけは褒められたのは覚えている。あとはともかく酷かった。これではとても教育実習合格とは言えないが、、、。と教官から言われて、拷問の日々を終えた。

そこで少しは反省して、自分の適不適くらい考え直せば良かったろうに、こうと決めたら曲げられない性格。

筆記試験の問題集だけ一生懸命勉強して筆記試験に通ったのだが、なにせ未体験世界。自分の中にも志望動機などはっきりしない。子どもが好きかといえばそうでもない。子どもを世話するより、子供に良いようにあしらわれるのがオチ!

自分が幼稚園のとき担任の先生に将来は学校の先生ね!と勧められた。IQテストの結果が少々よかったようだ。その時、先生を好きだったので馬鹿正直にその言葉を飲み込んだか?

あと考えられるのは、夕焼け小焼けで日が暮れて~♪で、子供と一緒で毎日日暮れ前には家へ帰って、先生というのは毎日ノンビリできると、思い込んでいたこと。

私の小中学校当時はまだ塾は無くて、子供は日が暮れるまで近所で遊びまくっていたし、子供から見れば教師も案外にノホホンとして見えていた。大いなる誤解、勘違い。

夕方日が沈む前に、夕日を浴びながら家に着いて、のんびりと暮らせるのが教師である。となぜか決めつけていた。もちろん学校は遊び場でしかない。勉強が出来て頭が良くてなんていう価値観は、私には全くの他人事。

勉強嫌いで私の頭の中には、人に教えるようなもの、教えたくなるような、自ら熱弁したくなるような、大事な知識や技能は何もない。

そうだ竹内演劇研究所に入って、即興劇のレッスンをやった。そのとき舞台の上で私の口をついて出てきたセリフが「なんにもない!何にもない!!!なんにもないのに教師の振りして♪、、♪何にもない!何にもない!、、、♪」歌って踊ってノリノリ!あとから『何にもない音頭』と名付けた。教室の仲間に大ヒット!いま思えばこれは真実、リアリティーの塊だったのだ。

要は、私の教師になる動機などこんなもの。教師になれば楽しく遊んで暮らしを送れるものと、浅はかにも思い込んでいた私!

このくらいのことは、ちょっと考えれば分かりそうだが、頭が足りない私。思い込みのままに教員採用に挑戦。一浪して中学校教員にデビュー。本職になる前に自分の身の程を知っていればと思うのだが、周りにはいろいろ迷惑をかけて、一年半で辞職願い。晴れて夏休み明けにはお役御免。

先を急ぎすぎた。一年目に採用試験を落ちたときは、まだ愚直に採用合格を目指していた。その時に、ちゃんと勉強しなければと手に入れたのが、この イヴァン・イリッチ著『 脱学校の社会 』。普通なら『すぐ出来る』とか『よくわかる』『教員採用試験の心得』『100%面接合格!』・・(笑)などなど、読むべき本は色々あるだろうに、そんなものには目も呉れずに、なんと『 脱学校の社会 』!!!

この本を読んで思ったのは、私たちにとって学校で勉強することが、なんだか知らないうちに凄く当然のことになってしまっている。「伝統の巨人軍は永遠に不滅です!」と同じで、学校自体が、自然当然、絶対にあるべきものと、考え無しに決め付けてしまっていることに気がついた。(野球が始まったのも、国家による学校教育が始まったのも、たかだか明治時代。江戸時代にはなかったのだから、どこが伝統なの!)

学校が無いという選択肢と、そこから生まれるであろう、本来の意味での教育の可能性。現代の教育が人間のインスピレーション(想像・創造)の自由を喰い殺してしまっていることなど、考えさせられた。簡単に言えば近代化の孕む教育や社会の様々な問題に眼をひらかされた。

かっこよく言えば、近代化における教育の役割について考えたことで、学校教育の限界も見えて来たのだろう。単に教職に不適合を起こしただけなのだが。

ともかく自分の中に染み付いた、頑固な固定観念・既成概念がひっくり返される切っ掛けとなった一冊・・・だったような気がする。

他にも『 脱学校化の可能性 』『脱病院化社会』などなど手に入れて読んだ。

中学校の理科の先生は辞めてしまったけど、いまもその延長線上で、私は教師をしているようにも思う。それは『からだとことばといのちのレッスン』のレッスン教室で、教育とはこれだ!と肯くことができるような自分自身にとっての実践の成立を、求め続けているのだ!、、、かも知れない(笑)

-------
コロナからの新たなスタートとして『からこといのち通信』をスタートしました。通信の材料がないので、Book Cover Challenge !【再度①】を始めました。どこが「新たな」なのかと自問してしまいますが、お許しください。『からこといのち通信』はメールで配信しています。ご希望の方にはメールでお送りします。ご希望の方はメール karadazerohonpo@gmail.com へご連絡ください。

瀬戸嶋 充 ばん