FC2ブログ
2020年02月28日 (金) | Edit |
ゴッホ-「糸杉」400-250-ed

日常の縛りを離れる。
病とは、社会との関係の中にある。
セラピストや施術者の目指すところは、世間への適応である。
社会改革を謳ったところで、それも世間の中の出来事である。

理解の限定から離れること。
求められるのは、集中である。脳化された自己をその壁の向こうへと差し向ける。脳や意識の集中ではない。からだの集中である。

地に足を着けることの、本当の成り立ちと、成り立っているつもりの違い。

意識的な集中は、注意を意識的に差し向けることで、対象との間に「差し向けようとする」壁を生み出してしまう。脳内のイメージが、集中しようとする行為に差し向けようとする既定の操作を課してしまう。

「集中する」ことと「集中しようとする」こと。後者は「~しよう」とする意図が入ることで、意識が自己を指導する。「Doing」である。そのため意識・自己・対象者(物)の三者が対立した関係となる。互いを別々に仕切る壁が立つ。
「集中する」は集中そのものになる。集中そのものとして存在する。存在=「Being」の成立である。自己と対象の隔てが無くなる。区別無く、意識はそれを眺めるのみ。常識の規定に基づく手出しはしない。


例えば「立つ」という存在=「Being」の成り立ちのためには、立っている積もりから、そのつもり=「Doing」を徹底的に排除して行かねばならない。立とうとする意識的な努力=緊張を解除して行かなければならない。


集中しようとすると、集中しようとする自分が出てくる。集中とは解放である。集中とは対象を自分の方へと引っ括り、意識に従属させることではない。それでは奴隷化だ。集中とは、自己が対象によって侵略され、突き崩されること。意志による対象の従属化を離れて、自己が失われ、自己の内部から突き動かされるままに振舞うことだ。

「Being」とは存在である。じっと佇むのが「Being」ではない。内的な動きに満ち、それは外的な世界との交流を生み出し、意識の思い込みに支配されることのない、二度と繰り返すことの無い、新たに生まれ続ける、或いは死に続ける変転自在の自己にまみえることだ。尽きることの無い泉の発見である。

存在自ら踊り歌い他者との関係に飛び込んで行くのが「Being」である。留まることの無い運動である。

「Doing」は有限であるから、意識で捉えることが出来る。
「Being」は無限運動である。

そして、集中を扱うものは、日常という枠を離れた地点に立たなければならない。非日常という、世間や社会の繋がりの外に出なくてはならない。社会に通用する者であっては、意味が無い。社会化することは、いのちを放棄する行為である。根底を生す自由が奪われる。

自由とは既定の自己像或いは世界観に縛られることの無い、可能性としての自己=世界の発見である。留まることの無い移り変わりの自己=死に変わり生まれ変わりする自己。神仏に保証された自己である。

「Being」は目指すものでは無い。やって来るものである。自己に向かって来る人生に真っ向から挑み続けることの他、「Being」に至る方法は無い。

2014年03月08日 (土) | Edit |

DCF00094ed-blg.jpg

私事になりますが、私はレッスン(ワークショップ)の開催日が近づいてくると、からだの内側が変化してきます。

息が深くなって胴体の内径の感じが桶や樽のようにたっぷりしてきます。
声はからだの底辺から湧きだす感じになり、ことばを発するのもとても楽になってきます。

ワークショップに備えて、意図的にテンションを上げているわけではありません。遠足の前の日にテンションがあがって、興奮して寝付かれないのとも違います。むしろゆったりして、からだが気持ち良くいきいきとしてきます。もちろん心も明るくなります。

実は、しばらくレッスンがない日が続くと、とても落ち着きの悪い気分に見舞われます。このままではレッスンが出来なくなってしまうのではと、不安に襲われることさえあります。

そのため、レッスン前日にからだの変化が感じられてくると、「ああ!またレッスン(=からだ)がやって来てくれた。レッスンは私を忘れないで居てくれたんだ!」と、妙な喜び方をしてしまいます。

こうして書きながら、これは変だ!と自分でも思うのですが、事実なんです。私の場合、自分の意図・意志とは関係のないところで、自分を仕事(レッスン)へと促す何か(誰か?)が在る(居る?)ようです。そんな存在を私は仮に、平仮名で「からだ」と呼んでいます。

きっとこういうのを「病みつき」とか「宿業」云うのかも知れません。良くいえばミッションなのでしょうけれど。

でも間違いなく、レッスンすることは、私にとって掛け替えのない喜びなんです。

そもそも30年前、「野口体操」も「竹内レッスン」も、私が意図して習い始めたわけではなく、何となく成り行きに導かれて教室で学ぶようになり、ハマってしまいました。そのうえ竹内敏晴師匠から誘われて、竹内演劇研究所のスタッフまでやるようになってしまったのが始まりです。

いま思えば、野口三千三先生や竹内師匠のからだに、私のからだが引かれて、ついつい自分もレッスンをやるようになったのでした。

でなければ、恐れ多くて参加なんかしてません。野口さんも竹内さんも怖い人たちでしたから、、、臆病者の私にはとてもとても無理なこと。。。(笑)

テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
2014年03月05日 (水) | Edit |

DCF00085ed-blg.jpg

「being」と「doing」。being の中に本当に自分を置ければ、doing は自然とはじまるのに、doing ばかり追いかけていると、自分がすり減るばかり。
仲間と共に being に腰を落ち着ければ、物語が始まるのだ (⌒‐⌒)

「囲炉裏端ものがたりプロジェクト(仮称)」企画中~♪

それにしても、一昨日はこんなに晴れたのに、お日様が恋しいです。

テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
2013年08月11日 (日) | Edit |
楠

 この頃、姿勢が歪んでいることがよく話題になっています。

 姿勢のゆがみを直して、美しくなる、健康になる。調整法や矯正法があちこちで取り上げられています。

 それを見聞きするたびに、私は「?」と思うことが多いのです。

 私は常々「姿勢を支えるのは息(呼吸)である!」と云っています。

 ところが姿勢をよくするための多くのメソッドは、姿勢を支えるのは筋力によるもので、筋力を効果的に増強したり、バランスを矯正することで、姿勢が良くなると語られていることが多いようです。

 姿勢という言葉は、姿の勢いです。人間は機械ではありません。外形としての少々の歪みや偏りがあるのは当然です。定規を当てるように外から、姿勢を正すあり方は、生き物としての身体を扱う態度としては誤りです。

 外形から入っていく技法は、内的な勢いを無視し、力づくで身体という自然を縛りあげることになります。姿勢が良くなったとしても、それは商品や機能的な機械としての身体でしかありません。

 良い姿勢になるためには、良い呼吸ができなければなりません。良い呼吸とは深い呼吸のことです。深い呼吸ができるには、それを妨げている身体の緊張を解き、身体の内側の隅々まで呼吸がいきわたるよう、身体の内的な感覚とイメージを育てなければなりません。

 身体の内的で無自覚な緊張への気づきと、緊張の解除が、息を深くするために必要なことです。身体への感じ方が深まれば、息が身体の隅々まで行きわたることが実感され、息に身を任せていけば、自然と姿勢は伸び伸びとして、勢いを回復していきます。

 地に足がつき腰が落ちつき、上半身は軽やかな解放感に満たされます。外観には力強さと安定感、身のこなしのやわらかさが生まれます。存在感の勢いが鮮やかになってきます。

 私の師匠の竹内敏晴は「からだは空(カラ)だ」と云っていました。空っぽの身体の中を、勢いが立ち上っていく。それが良い姿勢だと、私は考え実践しています。

テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
2013年05月12日 (日) | Edit |
木と空rs400



「からだとことばのレッスンってなんだろうか?」そんなことを考えながら過ごしています。看板出していながら、代表者が何を言っているかと、お叱りを受けそうですが。。。

実は「からだとことば」というのは、「窓」みたいなもので、例えば「からだ」という言葉の窓によって切り取られた光景の中に飛び込んでいって、本当は「からだ」ってなんだろうかと、探し歩くのが「レッスン」です。

私たちは「からだ」に様々な意味づけをして「からだとは~である」と決めているわけで、それは窓の中にさらに小さな窓を作って、からだを眺めているようなものです。

私は、からだ以外のものから、取りあえず区別をつけるだけの「からだ」という言葉、つまり漢字(象形文字)ほどには意味を限定しない平仮名を使ってそれを表してきました。

ことばは窓

これまでは「からだ」という大海に、着の身着のままで、舟も持たずに泳ぎ出ていくような有様でしたが、ようやく大海の中に目指す小島が見えて来たようです。

わかり辛いかな?
なに言っているのか、知りたい人、質問したい人、どうぞWSにきてみて下さい。

写真は、近所の雑木林に咲いているヒメジョオン。昔からの仲良しです (⌒‐⌒)

   
テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ