FC2ブログ
2020年06月10日 (水) | Edit |
名称未設定 40

『ああ、世界はなんて美しい!』この一言に尽きるのです。
この事実(リアリティ)にまみえるために人は生きているのかも知れません。少なからず私のこれまでの歩みは、この一言のためにあったと、いまは振り返ることができます。

ティク・ナット・ハンとの出会いは、地元の市立図書館の本棚から始まっています。『生けるブッダ、生けるキリスト』ティクナットハン 著、池田久代 訳 春秋社 1996/11/20発行、図書館でなんども借りて読みました。

ブッダとキリストという、比較対立の論点からではなしに、その和解共有の場へと読者を連れて行ってくれる。『ああ、世界はなんて美しい!』その喜びの中へ。

私自身の仕事=レッスンは「からだ」と「ことば」(「意識」と「身体」)の分断と対立をどう超えてゆくか、それがテーマです。私自身の中にも分断と対立が埋め込まれている。その和解のときを保証してくれるのが『ああ、世界はなんて美しい!』と言う体験であり、その体験の地から片足を引き剥がさないことが、生きることであり生きるための戦いでもあります。

ベトナム戦争のさ中、僧侶は寺院にこもって修業を続けていれば、安全と衣食を保証されていた。ハン師は民衆の窮状を知り、仏教は何のためにあるのかを考える。そして禅寺を飛び出して、ベトナム民衆のために救済活動を始める。

ハン師にとっては、信仰とは行動することでありました。寺院に籠ってお経を挙げたり、修業に閉じこもっていることが、仏陀を信仰することではないのです。人々の中に入り込んでその幸せのために、ブッダ(菩薩)として行動することが、信仰であり修行になって行ったのでしょう。

それは、エンゲイジド・ブッディズム(社会に働きかけ行動する仏教)と呼ばれました。逆から言えば、それまでの仏教は、寺院に籠って民衆の救済には知らぬ存ぜずで済まして来ていたのでしょう。平和を希求する活動はやがて内的な分断から個人を救う活動(マインドフルネス瞑想)へと進んで行きました。

『ああ、世界はなんて美しい!』は、自らの中に巣食う分断と対立から、自分や他者を開放する行動=真の修業の中で、大いなる自然(仏陀・キリスト・マホメッド・神・・・)の側から私たちに与えられた、贈り物であり道標(みちしるべ)なのでしょう。

--------
40日目、40回目の Book Cover Challenge 最後が「分断と対立」の話に落ち着くとは思ってもいませんでした。「分断と対立」を乗りこえるには、痛みをを伴います。分断と対立の苦しさから自分たち人間を救済しなければと、私たちの種(元型?集合的無意識?)としての「からだ」=「いのち」は、コロナに助けを求めたのではないかと私は考えています。

少なからず、コロナの経験を幸せに出会うためのマイルストーンと考えて、石っころの姿をしっかりと観て行くべきだと思います。コロナ禍と名付け、殲滅して、それを闇に葬ると言う態度はもうよしましょう。それでは戦争後のPTSDを闇に葬ったことの二の舞でしかない無いでしょう。悲しみ苦しみを闇に封じ込めると言うことは同時に、喜びや楽しみをも心の奥深く=身体の深層に封じ込めることなのです。

『ああ、世界はなんて美しい!』をは身近にあります。それを見る目を育てなければ見えないものですが、ほんとうの幸せを希求して歩み続けるならば、自然とその眼は育ってくることでしょう。

これまでの私たちの安定した生活は、まがい物の幸せを良しとして受け入れて、それ生きることしかできませんでした。これからは自分に正直に、ほんとうの幸せを求めてみませんか。

宮澤賢治はこう言っています。
「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」(農民芸術概論)
「何が幸せかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら、峠の上りも下りもみんな、本当の幸せに近づく一足づつですから」(銀河鉄道の夜)

--------
5/2~6/10の40日間、オンライン上ではありますが、長期にわたりお付き合いいただいた方々に感謝しております。「いいね!」などの反応に励まされてここまでたどり着くことができました。私は「からだとことばといのちのレッスン」の実践が仕事であり、自ら進んで文章を発信することが不得手です。今回は村上洋司さんから、宿題(お題)を頂いたおかげで私の中身を引っ張り出され、ここまで来られました。村上さん、ありがとうございました。

Book Cover Challenge !   ページ リンク №
         
         
         
         

2020年06月09日 (火) | Edit |
名称未設定 39

私はここ数年、今の人たち(現代人)の「息の浅い」ことを問題視してきた。ところがその深浅を見極め、自身の実践の中で一途に唱える人などいない。

意識優位で、重心が足腰から、それより上部の胸や頭へ移ってしまっている。足元まで「息が降りる」ことなく、足元がおぼつかない。息の浅い、重心が吊り上げられた、非常に不安定な姿勢。まるでそれが人間本来の姿(スタンダード)であるかのように、無自覚に地位を与えてしまっている。

「地に足を着けて」というが、それは大地と自己(=からだ)とが、足の裏を通じて一体となることである。その結果、大地の力を足の裏から引き入れ姿勢を支え調え、身体内の代謝循環を活性化する。

ボディーワークの人たちがグラウンディングと言うことをよく言うが、彼らはグラウンディング自体を第一のこととして取り上げることはない。他に主な学びがあり、その補助的な位置にグラウンディングや呼吸のワークは置かれている。

医者やスポーツ指導者、理学療法士、整体師なども、「地に足を着ける」ことを第一に考えることはしないだろう。

私がやっている「からだとことばといのちのレッスン」の課題のそのほとんどは、息を深くすることを目指し、そのためにからだの物理的緊張の解除に重点を置く。呼吸が摑まれば後はどうにでもなるというスタンスだ。「息をすること」(呼吸)自体が、リベラルアーツなのである。

昨日はZOOMで、コロナ対策について話し合いをした。私自身この状況の中で、レッスンをどうやって続けて行くかを問われている。昨晩は床に入ってからもそのことを考えていた。そして私なりの回答を書いているのだが、、、。

私たち自身の「からだ」が、意識してのことにせよ、無自覚・非意識的なこととしてであれ、全人類的な規模での極端なバランスの崩れによる、心身全般或いは種全体の自己崩壊を妨げるために、コロナウィルスを自身の中に引き入れているのではないかと私は思っている。

そして、私たちの生命活動を支えている私たち自身の内的自然自体が、コロナを引き入れる必要がないと判断するとき、コロナは収束するだろう。つまりは、いかに「いき」をするか、その大切さを私たちが深く自覚することが出来たときに、解決の道が開けてくるよう私には思えている。

あらためて、この混乱を乗り切るためには、恐怖・不安に振り回されて思考によって自他を計り否定し傷つけるのではなく、何万年も私たちが続けてきた「いき」(呼吸)の、その統合力=内的自然の働きを回復し、そこに未来を委ねよう。

近代「西洋」の行き方には、自然を「征服する」「克服する」という志向がある。我々「東洋」のやり方には、本来そのような発想は無かった。と、禅学者鈴木大拙さんは言う。とくに近代化以前の日本人は、自然の事物と自身とが、仲良くする、融け合う、我を忘れて遊ぶ、などの共生の方向でやってきた。

コロナを敵と見ることは、私たち自身のからだ(=自然)をも、敵と見做すことになる。私たち自身が無意識のうちに育ててしまった心身に抱え込んだ内的な「分断」を、どうやってあらたに統合できるかが問われている。それがコロナの運んできたメッセージであろう。「息をすること」(呼吸)は、再統合への道をひらく。

秋月龍珉(りょうみん)さんは、鈴木大拙さんに師事して20年を過ごした学者であり禅僧である。西田幾多郎さんとの関りも深い。私自身は、秋月さんの考え方や大拙さんへの接し方に魅かれて、禅仏教に興味を持った。この人も先ず実践が先にあって、理屈は後から着いてくるタイプだったのだろう(笑)この人ならば禅堂で指導を受けてみたかった気がする。

1995年12月10日 初版第一刷発行

--------
5月下旬から始めた人間と演劇研究所オンラインレッスンは、息を深くすることに、内容を特化している。このコロナの影響を乗りこえるには、息を深くして成り行きに付き添っていくしかない。いろいろ考えをめぐらして、息をつめてしまっていては、神経がもたない。からだとこころの緊張を緩めて、からだに息を深く通すことで、眼の前の現実に落ち着いて対処することが可能になる。まあ簡単に言えばたいへん心地の良い「からだのリフレッシュ」のひと時であるが。(人間と演劇研究所HP https://bit.ly/3f4BlFm にてご案内しています。)

Book Cover Challenge !   ページ リンク №
         
         
         
         


2020年06月08日 (月) | Edit |
名称未設定 38

あと三冊で、Book Cover Challenge を終える。今日で38冊目、38日目だ。さすがにここまで来て、筆が重くなる。山頂間近の最後の急登攀と言うところか。

新型コロナの蔓延のなかで浮き上がってきた、感染者や医療関係者への偏見と差別。背景にある企業の利益を優先する政治家の情報操作。情報の隠蔽。利益供与。特定の民族・人種・職業者への攻撃や犠牲・売名の強制。

そこに「なぜ?」こんなことが!と思える人には、ぜひ読んで欲しい。答えはこの一冊の中に修められている。

自分たちの利益を計るために、企業や政治家が結託し、生活者に近代化(近代化とは非個性化・均質化の別名)を無理強いし、個々の掛け替えのない健康と生活を略奪するところに起きるのが公害だ。人工廃棄物が人々の命を脅かし生活を奪いコミュニティーを破壊した例は、いまやだれもがよく知っていると思う。

水俣不知火海沿岸の漁師として、ささやかながらも、海洋と一体の幸せな日々を暮してきた人々。何の罪も無い人々の生活を支える、その中心となる「不知火海」に、有機水銀を垂れ流したのがチッソ(日本窒素肥料株式会社)という会社である。

当時、近代化学工業の発展に欠かせない、窒素化合物の精製で財を築いた会社、日窒(チッソ)。それが利潤を優先して濾過処理をすることなく、廃棄物「有機水銀」を海の中に直接に大量投与した。自然破壊ではない。殺人である。

海洋汚染は、恵の海から魚介を採取しそれを食して生活していた人たち(漁民)の健康と生活を、さらにはコミュニティーをも破壊した。国はチッソの犯罪行為を隠ぺいするために、全力を挙げた。

国と企業の結託による私たちの生活といのちの破壊は、明治時代から繰り返されてきた。我が師 林竹二 は、明治の政治家「田中正造」の研究を進める中で、足尾鉱毒事件による谷中村(農村)の破壊について詳細を論じている。その研究が時を経て石牟礼さんにも受け継がれている。

人間は人間であることによってのみ、救われるのでは無いだろうか。

世間の表側ばかりを見ていると、こういう記録は眼に入らないらしい。けれどもコロナ禍の根は、過去に十分に解明されている。ぜひこんな機会だからこそ『苦海浄土』に眼を通してみて欲しいと心底から願う。

ここを通らない人たちの賑やかなコロナ談議に、私は耳を貸す気になれない。

Book Cover Challenge !   ページ リンク №
         
         
         
         


2020年06月07日 (日) | Edit |
名称未設定 37

この本を本棚から手に取ってみると、「ああ、読まなくては!」とことばが心に浮かんできた。

もう三年ほどになるか?全くと言っていいほどに本を読んでいない。還暦までにもう十分にインプットしたから、もういらない!あとはアウトプットするだけだ!などと嘯(うそぶ)いていたが、どうやらそれは間違っていたようだ。

以前は、この混迷の時代に、どう生きて行けばよいのか?そのことを知りたくて、一生懸命に書物を読み漁ってきた。けれどももうこれ以上に触手を広げても仕方がないだろうというような、諦めに捕まってしまっていたようだ。

そもそも私が石牟礼道子さんの作品に興味を持ったのは、人類の行く末、その展望を見せてもらえるような気がしていたからだ。

新たな時代への胎動と、垣間見られる未来の光。私がそして私たちが、どこへ向かったらよいか、その飛翔への手がかりを石牟礼さんの作品や文書が私に与えてくれると思っていたのだ。

答えを探して遠くへ遠くへと流離(さすら)う気持ちに、三年がかりでブレーキを掛けていたのだろう。ようやく暴走を止めて、これまでに培われた自分の経験を元手に、今一度読み流してきた本を読み深めて行く。そこから私自身の行く末と言葉が生まれてくるのかもしれない。

Book Cover Challenge のおかげである。物を書くのが苦手な私が、その楽しさにふっとはまってしまったのは、ちょうどそういう時期であったのかもしれない。腹をすかせた野良犬のように、よだれを垂らしながらあちこち嗅ぎまわるのはもう止めて、足元にある扉を開きなさいと、誰かに言われているような気もする。

5月末から、オンラインレッスンを始めた。コロナ自粛で4月5月と、地域センターが使えなくなった。友人がZOOM教室をしないかと誘ってくれた。オンラインでモニターを介してのレッスンなど思いもよらなかった。からだとことばのレッスンは、リアルに直接に人と人との繋がりを開いていくものと内心決めつけていたのだろう。

友人が声をかけてくれなければ、この八方塞がりの状況に、諦めの中へと沈み込んでいただろう。それがオンラインのテストを重ねるうちに、変化が生まれて来た。

簡単に言えば、ZOOMレッスンはより高度な身体=魂のコミュニケーション、その質=深さを問われることが見えて来た。

普段のリアルな関りと言うのは、実はかなり誤魔化しがきく。楽しく浅く広くで良いのだ。ところがオンラインではそれができない。動画や文字情報を垂れ流すだけでは教室が成り立たない。

一方通行の情報の受け渡しなら、教師はいらない。本や動画を見れば事足りる。オンラインでコミュニケーションが成立するためには、コミュニケーションを成り立たせている、スピリット(魂・霊性)への言及が、ますます切実なものになってくるだろう。

そうでなければ私たちは、人間では無くて情報端末になってしまう!

この辺りのことは、「からだ」では手ごたえを感じているのだが、まだ言葉にしきれていないので、荒っぽい説明で申し訳ないけれど、こんな眼差しを私に開いてくれたのが、石牟礼道子さんである。この視野をもっと広げていきたい。

私も、今なら少しはまっとうに石牟礼さんの本を読めるだろう。日にち薬をたっぷり頂き、正気を取り戻せたように思っている。拡げることよりも再読して読み深めて行きたい。そんな本にも Book Cover Challenge のおかげで再会できた。コロナのおかげが、実はいっぱいありそうだ。(村上洋司さん、ありがとう♪)

私の母方のひい爺さんは僧侶だったので、家系図がある。たどって見ると生まれは島原・伊古村庄屋とある。

僧侶をしていたひい爺さんもだが、母のお父さんも個性的な人だった、筑紫野の村では赤褌(あかふん)の藤さんと呼ばれていた。その息子(母の弟)も傑作な庶民(笑)だった。

石牟礼さんの長編小説『アニマの鳥』は天草四郎、島原の乱を題材にしている。懐かしい人が物語の中を往来しているように思えてくる。そんな人たちとも、出会ってみたい。書くことで叶うことかも知れない。

石牟礼道子さんは、宮澤賢治とおなじく、言霊の語り手である。

Book Cover Challenge !   ページ リンク №
         
         
         
         


2020年06月06日 (土) | Edit |
名称未設定 36

紀野一義さんの著作が我が家の書棚に9冊も並んでた。

そのうちの6冊は1997年に発行された文庫本。以前出版された単行本を文庫にしたものだろう。これはNHKブックスだ。

当時、私は近所にある二つの図書館で、宗教書の書棚の本を、かったっぱしから読み漁っていた。

禅宗・浄土真宗・浄土宗・法華経・神道・キリスト教・ベトナムの禅僧(ティク・ナット・ハン)・チベット仏教(ダライ・ラマ)・一偏・空也・道元・良寛・一休・・・秋月龍珉・鈴木大拙。ホントに片っ端から読んだ。

基督教の聖書を読んだのもこのころだが、読み通すことは出来ず四分の三ほどでリタイア。2000年~2003年くらいには、岩波書店刊行の『鈴木大拙全集 全32巻』を読み通したりもしている。一冊の重さが、聖書並みの700グラムくらいはあったと思う、手に取るとずっしり来る。それを32巻、通勤電車の中で読み通したから、良い筋トレになったことだろう(笑)

宗教家になるつもりなど、微塵もなかった。普通の人は小説や物語を読んで楽しんだり感動したりするのだろうと思うが、私は宗教書を楽しみ、そこに感動を求めていた。

そうそう!当時は「からだとことばのレッスン」以外の楽しみと言えば、図書館の本棚に並ぶ宗教書くらい。テレビも見なかったから、世間の流行にも疎かった。

いま振り返ると私は変わった奴だったんだろうな?と思う。学者でもないのに、趣味が宗教書の読書では、趣味を同じにする友だちなんてできっこないや!どうりで私は友達がいない訳だ!とも思えてくる。

仏教との関りで言えば、私の母方のひい爺さんは、明治時代に修業を修めた日蓮宗の僧侶だったと聞いてはいたが、私自身は仏教とのつき合いは全くなかった。家には仏壇も神棚もなかったくらいだ。

この本の帯裏に、
--------
本書をすいせんします  臨済宗南禅寺派管長 柴山全慶
*生きた禅はひしひしと人生をかみしめ、そのどん底から汲取るいのちの厳しさに生き、温かく一隅を照して行くところに眩しい光を投げ、時と処を選ばないのである。
本書は、単なる禅への手引きでも座禅の解説書でもない。
しかし、深くいのちを凝視(みつ)めることにより、生きた禅への
志向を呼びかけている。広く世に推薦したい所以である。
--------
とある。文中始めの「生きた禅」を「紀野さん」と置き換えて読むと良い。紀野さんと言う人は、人物と信仰が見事に一つになっていた稀有の人だろう。

岩波文庫『般若心経 金剛般若経』に、お経の訳注者として中村元さんと名前を並べている。

紀野さんの主宰する「真如会」を訪ねて、直接ご本人にお目にかかったことがある。肚の坐ったダンディでカッコいい人だった印象が残っている。分け隔てなく人にやさしくできる人だ。弱気を助け!と言う感じ。孤立を乗りこえてきた正義の人だ。

それにしてもこの推薦の言葉は見事だ!こういう言葉に出会えるのが、仏教の本を読む愉しさなのかもしれない。当時はくみ取れなかっただろうけれど、今ではこの言葉の意味がフワリと分かる。チンプンカンの私が、少しはまっとうになったのかも知れない(笑)

Book Cover Challenge !   ページ リンク №