FC2ブログ
2019年01月23日 (水) | Edit |
2019-01-13 011-ed

五感で捉えることが出来ないのが「いのち」。
そう言うと第六感とか、高次の意識とか言い始める人がいるが、これも五感による体験をベースにした認識法であることに変わりはない。五感で捉えられぬのに、あたかも五感で捉えることが出来るような幻想・勘違い。

では「いのち」を五感で捉えるにはどうすれば良いか?詩や物語がその役割を担っているようだ。

大正時代に、詩人 西條 八十 が訳詞をした童謡に『 風 』(誰が風を見たでしょう)がある。

誰が風を見たでしょう
僕もあなたも見やしない
けれど木(こ)の葉をふるわせて
風は通りぬけてゆく

誰が風を見たでしょう
あなたも僕も見やしない
けれど樹立(こだち)が頭をさげて
風は通りすぎてゆく

以下、クリスティーナ・ロセッティによる原詩

Who has seen the wind?
Neither I nor you;
But when the leaves hang trembling
The wind is passing thro'.

Who has seen the wind?
Neither you nor I;
But when the trees bow down their heads
The wind is passing by.

「いのち」の在りようを、「風」に託して歌っている。「風」が「いのち」そのものではない。「風」に譬えて「いのち」の働きを伝えている。

「誰が風を見たでしょう 僕もあなたも見やしない」、この場合は「見る」、つまり視覚=眼には捉えることが出来ないと言っているが、聴覚についても同様である。葉擦れの音を立てるのは、木立であって「風」そのものではない。五感の他の感覚についても同様である。

宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』の中にも、そのような記述がある。

「七、北十字とプリオシン海岸」ジョバンニとカンパネルラが、銀河の河原に降り立った箇所に、
「 河原の礫(こいし)は、みんなすきとおって、たしかに水晶や黄玉(トパース)や、またくしゃくしゃの皺曲(しゅうきょく)をあらわしたのや、また稜(かど)から霧(きり)のような青白い光を出す鋼玉やらでした。ジョバンニは、走ってその渚(なぎさ)に行って、水に手をひたしました。けれどもあやしいその銀河の水は、水素よりももっとすきとおっていたのです。それでもたしかに流れていたことは、二人の手首の、水にひたったとこが、少し水銀いろに浮(う)いたように見え、その手首にぶっつかってできた波は、うつくしい燐光(りんこう)をあげて、ちらちらと燃えるように見えたのでもわかりました。」

引用文中の「水に手をひたしました。けれどもあやしいその銀河の水は、水素よりももっとすきとおっていたのです。」、やはり銀河の流れ自体は、五感では把捉できない。けれども確かに存在するものとして、物語全体の中に繰り返し語られている。

「いのち」の在りようを、言葉で伝えようとすれば、こうならざるを得ない。五感で直接に把捉することが出来ないのが「いのち」なのだから。

余談ながら、インドのガンジス川を聖なる河とする人たちがいる。流れる死体と一緒に沐浴をしていても、病気に侵されることは無いという。そのガンジスの不思議は、五感によっては把捉証明のできない「いのち」の流れなのだろう。

科学に携わる人たちには、このような考えを受け入れ難いのでは無いかと思う。科学はもともと、五感によって全てを解釈(一般化)しようとするのだから、「五感」で捉えられないものを、前提としてはいない。むしろ五感で捉えられぬものなど無い、全ては科学的に解析可能なのだ!と。

私自身も、科学的に理解できないものは信じない!という傾向を持ってきた。「スピリチュアル」など、なんと胡散臭いものかと毛嫌いしていた時期もあった。説明のつかないものを絶対に信じない。

私は恩師竹内敏晴・野口三千三に導かれ、「からだ」と「ことば」の世界に入り、彼らの没後もその世界を逍遥してきた。40年近く「からだ」と「ことば」と向かい合い続ける中で、それらを識るには「いのち」=「五感で捉えることが出来ないもの」の存在(?)を首肯することでしか、「からだとことばのレッスン」が出来ないことを識った。

よく「幽霊の存在を信じますか?」と問う人がいるけれど、信じる人も信じない人も、自らの五感を頼りにその有無を論じている。そのような話に私は興味がない。「いのち」は、論じることもそれを解析証明することも出来ないのだ。けれども在ると肯かざるを得ない。そうしなければ生きて行けない何か。それが「いのち」なのだ。

これは私の、大変に個人的な「からだ」と「ことば」に関する体験からきた考え方で、それが真実であるからと決めつけて、他の人に教え込んだり強制することのできないもの。

だいぶ時間がかかったけれど、見ることも聞くことも嗅ぐことも味わうことも触れることも出来ない「いのち」を前提として「からだ」と「ことば」に関わることで、新たなレッスンの地平が拡がってきているのが、今ではわかる。

「いのち」は「働き」だ。目に見えない、五感で捉えることの敵わない「働き」が、途切れることなく常に働いていて、私たちの全ての営みを支えてくれている。レッスンも「いのち」のはたらきによって、成立するのだ。

一年半ほど前に、還暦をむかえ「乾杯!」ならぬ「完敗!」を喫した。「いのち」への降参!降参しないと見えてこないものがある。

瀬戸嶋 充 ばん



人間と演劇研究所「からだとことばといのちのレッスン」のご案内はこちら

2019年01月22日 (火) | Edit |
図2-blog-2

『からだとことばといのちのレッスン』

竹内レッスンの助手を7年間務めたあと、「からだ」とは、「ことば」とは、と30年以上探究しつづけてきた瀬戸嶋さんを講師として名古屋にお迎えします。自分の身体や声を再発見する驚きとワクワクを一緒に楽しみましょう。

◆レッスンは2種類
① 2019年4月6日(土)14:00~17:00
からだをゆるめる基本の方法と、その体感 (野口体操)
② 2019年4月7日(日)10:00~18:00
からだをゆるめた後、深い呼吸やお腹からの声に繋ぐ
(野口体操 および からだとことばのレッスン)

会場:名古屋市南区 (詳しくは参加の方にお伝えします)
講師:瀬戸嶋充・ばん 「人間と演劇研究所」主催者
参加費:①5千円 ②14,000円 (いずれも事前振込)
定員:各10名(定員になり次第締め切ります)
お申込み先:ワークス樹樹 メール worksjuju@gmail.com
お名前・連絡先・参加日をお知らせください。
参加費振込先をお知らせします。
持ち物:動きやすい服装、②は昼食持参

◆2018年 ワンデイレッスン参加者の声(初めての人もリピーターも満足!)
◇もっと自分の体を感じ、ゆるめてあげて、生きていきたいと思いました。そういう自然体が人を受け入れることにもつながると思いました。また参加したいです。 (匿名)
◇身体のつかい方、ゆるめ方、大地とつながると自身をフォーカスしなくてもいいこと、体のことから声を出すことの自然な流れがとても楽しかったです。自分にとっては大きなチャレンジでしたが、とても楽しく大きな解放になり、ありがとうございました。日本人のありかたや精神性のお話がとても心に響きました。 (匿名)
◇どのようなものかあまりわからない中での参加でしたが、参加して本当に良かったです。また日時が合えば参加したいです。 (匿名)
◇久々の瀬戸嶋さんのワーク、楽しかったです。時間が長いのも嬉しいです。
自身の生活やダンスのこと、仕事のことで、色々と考える材料をもらいました。 (匿名)
◇自分が求めていたものはこれだ!とひらけました。何がどう変化したってのはないんですが、声が変わったらしいのでとてもすがすがしい感じです。(石津)
◇ワンデイで時間が十分あったので、からだとことば、声からのアプローチすべてが体験できてとてもよかった。(三谷)
◇1日という短時間でしたけれども、とても濃密なレッスンでした。感謝です!! (夏目)
◇生きる意味とは?とか使命とは? もうこのようなことをむずかしく考えて
いかなくても良いのだ。ゆるめて感じれば良いのだ、と安堵しました。 (匿名)
◇声は普通よりは出すことができると思っていたので、大きな声が出たとき、普段どれだけ抑えていたのだろうと驚きました。今までに見たことのないレッスンでした。(光永)
◇時間が1日あったので良かったです。大阪では3時間~4時間なので、もう少し長ければと思っていたので良かったです。 (和田)
◇瀬戸嶋さん「もっと意識を下におろして・・・」「違う、違
う」「そうそう」私「何で意識まで分かっちゃうの?!」瀬戸嶋さん「見ればわかるよ。やってみるよ。 これと・・・これ」私「なんとなく・・・」瀬戸嶋さん「何となく違うでしょう? そう、わかるもんなんだよ」そして、その人その人に合わせた方法の指導を繰り出していく。 いわれるままに姿勢を直して声を出したときは息の通る管が直径20センチくらいに太くなった感じで驚きました。 (中西)


◆講師紹介:瀬戸嶋 充・ばん
1981年竹内敏晴・野口三千三に師事。
1988年人間と演劇研究所設立。「竹内からだとことばのレッスン」と「野口体操」の継承指導、宮沢賢治作品の舞台創作を続ける。現在、主に東京・大阪・京都でレッスン教室を主宰。その他、内観療法・禅・丹田呼吸法など、日本の伝統に根差した心身修養法を学ぶ。人間と演劇研究所主宰・日本ソマティック心理学協会SPN世話人。

◆講師からのメッセージ
『「からだ」のチカラを抜くレッスン』 緊張という鎧を脱いで、自分本来の姿に立ち還るのが、力を抜くことです。 「しなやかさ」「軽やかさ」「細やかさ(繊細)」、これらは誰もが生まれつき持っている性質です。 成長につれて、これらは失われていきます。ストレスに満ちた現代を生き抜くため、緊張の鎧によって、それらは覆い隠されてしまうのです。いつのまにかその鎧を自分自身と考えて、自分のからだは鈍くて硬いものだと思い込んでしまう。
「力を抜く」ことで、誰もが身に潜めている、本来の性質を取り戻すことができます。 「しなやかさ」「軽やかさ」「細やかさ(繊細)」を取り戻すと、自分の内外の変化を微細に受けとめられるようになります。すなわち感受性が高くなります。「感性の時代」とはよく耳にする言葉です。「感性」が良いとは、感受した変化に自由に対応できることでしょう。これからは、知識や技能偏重の時代から、一人一人の感性に基づいた、自由や豊かさを尊重する時代へと変わっていくのでしょう。
からだの力を抜けば、こころも自由になり、生き生きとした自分=「からだ」を発見することでしょう。『「ことば」のレッスン』は、自分本来の「声」や、自身の深みに根差した「ことば」の成立を目指します。。。。どうぞ『からだとことばといのちのレッスン』を体験してみてください。

◆参考 : 人間と演劇研究所 https://ningen-engeki.jimdo.com/

関連記事
2018年12月27日 (木) | Edit |
2019.2.10 - 東京新宿ワンディWS -人間と演劇研究所主催
「 からだとことばといのちのレッスン 」

   『 姿勢と呼吸・声・言葉 』
・身体のバランス感覚を育てる
・呼吸の深さと心身の安定
・一人一人個性的な本来の声
・響き合う声
・声と言葉とコミュニケーション

 日時 : 2月10日(日)9:00~17:00
 会場 : 新宿区角筈地域センター7階「 和室1」
 定員 : 5~10名
 参加費 : 14,000円
 申込み : メールまたは電話にて、お名前と電話番号をお知らせください。
 確認後にメールにて、当日のご案内と参加費の振込口座をお知らせします。
 申し込み締め切りは 2月2日(土)です。
 受付 : メールkaradazerohonpo@gmail.com
     電話 090-9079-7547 (瀬戸嶋宛)

2018-12-04 003-ed

 「 姿勢と呼吸・声・言葉 」をテーマにワンディワークショップを開催します。
 姿勢は、筋力を鍛えることで良くなるものではありません。誰もが身体に備わっている、バランス感覚を育てることで、自然に伸び伸びとしたものへと変わっていきます。
 さらに呼吸の深さが、姿勢の安定にとって重要なものとなります。現代人は総じて、浅くて忙しない呼吸を普段の呼吸としています。
 呼吸を下半身に落ち着けることで、心身の安定が戻り、姿勢も楽ですっきりとしたものになります。
 姿勢と呼吸の安定がなければ、十分な声を発することは出来ません。不安定なままに、無理に声を出そうと緊張を心身に強いれば、発声や会話は、苦しさを伴うものとなります。あるいは不安を伴う饒舌さに巻き込まれてしまいます。
 伸びやかで明るい声。柔らかく聞き心地の良い言葉。それはテクニックによって得られるものではありません。呼吸と姿勢が整ってくると、その骨格や声帯に応じて、一人一人個性的な、本来の音色(=声と言葉)が楽々と響きだして来るのです。
 個々の個性的な声がひらかれるとき、それは聞く人の身体に響き合いを起こします。その響きに触発され、聞く人の心身に変化が生まれます。響き合いが人と人とを繋ぎます。
 歌を歌うこと、また朗読や演劇は、この響き合いを集団で共有し、物語の世界をその場にひらくことでしょう。
 演技者に限らず、教師やカウンセラー、介護職、セラピスト、数え上げればきりがありませんが、他者との声・言葉によるコミュニケーションに携わる方にとって、声と言葉をひらくことは、ご自身の仕事を深めその喜びを広げる手がかりとなると思います。
 いずれにしましても、ご自身の声・言葉に、何らかの不自由を感じている方、あるいは表現の可能性を広げたいと思っている方等々、様々な方の参加を歓迎いたします。一緒に「からだ」と「ことば」への学びを深めていきましょう。
 実際のレッスンでは、身体のバランス感覚を育てること(野口体操の応用)が主になります。その深まりに応じて、呼吸も声・言葉も無理なく自然にひらかれていきます。

講師プロフィール
1981年 竹内敏晴(演出家・からだとことばのレッスン)、野口三千三(野口体操)に師事。1988年 人間と演劇研究所設立。2018年現在 研究所代表、ソマティック心理学協会SPN世話人。

関連記事
2018年11月09日 (金) | Edit |
20190112琵琶湖合宿

【 空席1名追加募集 1/8にキャンセルが出ました。参加ご希望の方はご連絡下さい 】
1月12日~14日琵琶湖『 からだとことばといのちのレッスン 』合宿WS
以下、主催者 Art&Learning 小石原 智宏 さんのイベントページより転載しました。
--------------------------------------
琵琶湖「からだとことばといのちのレッスン」合宿ワークショップ

*表現力・コミュニケーション力を磨く
*こり固まったからだを緩め、新しい身体感覚と声に出会う
宮沢賢治の豊かな世界を体感する

 人間と演劇研究所の瀬戸嶋 充・ばんさんを講師にお招きし「からだとことばといのちのレッスン」の合宿ワークショップを行います。
 「からだとことばといのちのレッスン」は竹内敏晴の「竹内レッスン」と「野口体操」を応用したレッスンです。 合宿ではレッスンでじっくりとからだと向き合って、新しいからだの感覚で宮沢賢治の物語で朗読劇を行います。 開いたからだで、表現する楽しさや朗読劇を通してだれかとつながる喜びを体感しませんか。
 三日間、集中してからだと声と言葉に向き合います。最終日には宮沢賢治の物語の朗読をします。
 私自身の体験ですが、過去に参加した合宿で「あなたの声はとどかない。上手く説明されている感じがするけど、心に触れてこないんだ」と言われました。「声がとどかない?どういうこと?心に触れる?」訳が分からないまま1日目を終えました。3日間の合宿の中で最終日、ようやく自分の声が気持ちよく響き、他者に伝わる感触を得ました。「伝わった!」という喜びを改めて感じた瞬間でした。この3日間で、今まで当たり前だと思っていた「コミュニケーション」や「表現」「言葉」「からだ」についてことごとく価値観をひっくり返されました。
「からだとことばといのちのレッスン」が必要な方に届きますように。「自分自身のコミュニケーションについて考えたいな」「伝え合うってどういうことだろうか」そういうことを皆さんと一緒に探究する3日間にしたいなと思っています。

【日 時】2019年1月12日(土) 13時~
          1月14日(月・祝)16時半迄
     *12日13時 JR和邇浜駅集合 送迎あり
     *全日参加を推奨しますが、参加の日程の相談に応じます
【場 所】ユースホステル 和邇浜 ( わにはま ) 青年会館 
    〒520-0523 滋賀県大津市和邇南浜 403 
    電話 077-594-0244
【定 員】10名
【費 用】38000円(※講師謝礼・講師交通費・宿泊費にあてます。ギリギリの予算設定ですの  
     でご理解ください)  駅から会場までのタクシー代・懇親会費用は別途 
【申 込】
 以下の内容を明記の上、Art&Learningか人間と演劇研究所までご連絡ください。イベントページの参加表明だけでは受付になりません。

表題「からだとことばといのちのレッスン滋賀合宿」申込の件
①お名前
②ご職業
③会に期待すること

Art&Learning 小石原宛
e-mail :t*koishihara@gmail.com
   (*を.に変えて送信ください)

e-mail : karadazerohonpo@gmail.com

【内 容】
*1/12(土)【午後~夜】
からだの緊張をときほぐし、心身の細やかな感受性を育てる。深く安らぐ呼吸を知る。姿勢と呼吸の繋がりを体験する。からだの動きと呼吸を一致させる。(野口体操
*1/13(日)
【午前~午後】からだ全体に響く、無理なく楽で気持ちの良い発声を学ぶ。相手に届く声を知る。声と呼吸のリズムを繋げる練習。(竹内レッスン)
【午後~夜】ことばで、相手の心とからだに働きかける練習。ことばの発音と、発音から引き出されるイメージの関連を知る。賢治童話の中のに入って、物語を語る、歌う、踊る。(竹内レッスン)
*1/14(月)【午前~午後】宮沢賢治童話の朗読劇の創作に向かう、総合的なレッスン。(からだとことばといのちのレッスン)
【午後】朗読劇の上演会。
(参加される方々のからだの状況や、集中力に応じて、無理のない進行をするために、多少の変更が在ります。)

【講 師】
人間と演劇研究所  瀬戸嶋 充・ばん 
https://ningen-engeki.jimdo.com/

【講師プロフィール】
1981年 竹内敏晴・野口三千三に師事。1988 年人間と演劇研究所設立、「竹内からだと こと ば のレッスン 」と「 野口体操」の継承指導、宮沢賢治の作品の舞台創作を続ける。現在、主に東京・大阪・ 京都でレッスン教室を主宰。その他、内 観療法・ 禅・丹田呼吸法など、日本の伝統に根差した 心身 修養法を学ぶ。人間と演劇研究所代表・日本ソマティック心理学協会 SPN 世話人。

【主 催】
Art&Learning 小石原智宏
--------------------------------------


関連記事
2018年09月21日 (金) | Edit |
IMG00077-ed2.jpg 

しばらく言葉を失い、沖縄三線に没頭し、沈黙を守っていました。
ブログの記事は5月12日(土)で止っています。変化を待つときだったようです。
これまでのブログへの投稿は、自分自身を整理するためのものだったように思えてきました。
そしてこの沈黙の期間に、その整理した自分自身を捨ててしまったようです。片付けたのですね。
8月になってFacebookへのつぶやきが、ぼちぼち復活してきています。並べて読んでみると面白いので、ブログを見てくれている方や、人間と演劇研究所Facebookページをご覧いただいている人たちにも見てもらおうと思いブログに纏めてみました。
私の個人的なつぶやきですので、読者の方にはチンプンカンプンかも知れませんが、ご笑覧いただければと思います。
以下。

◆去年の夏までは「暑い!」とこぼすと余計に暑苦しくなるので黙っていたが、さすがに今年はそうも言っていられない。声を大にして「暑い熱ぃ~!」「ビ~ル~♪」(笑)-8/1

◆工夫や努力が足りないからではなくて、考えて工夫や努力をするせいで、出来なくなっていることがある。そうすると楽しくない。(三線練習中)-8/15

◆「感じよう」とすると、「感じようとする自分」が出てくる。
この自分が曲者! -8/22

◆初めての眼で見てみると、いつもの町並みが、ヤケに輝いてみえる。なんだかそれだけで得した気分~♪ -8/31

◆もっとも難関の蓋が空いたようだ!これで生き方変わるかも。自由~♪ -9/2

◆声は「届く」のである。「届ける」のではない。心も同じ。心は「表れる」のであって、「表す」のではない。「届けよう」「表そう」とする努力が、声や心の現れを妨げる。厄介な矛盾。「声そのまま、心そのまま」と、人工(細工)を加えた「声、心」。自由とは「そのまま」であること。ほかに何もいらない。(自戒!) -9/11

◆知識は「ありのまま」を見えなくする。世を渡るに知識は便利なものである。けれども知識は「ありのまま」をも、知識の中に捕り込もうとする。本末転倒。「ありのまま」とは、母から子へと世代を超え時代を超えて繰り返し受け継がれてきた偉大な宝庫=「知恵」である。ソクラテスは「無知の知」という。老子道徳教では「混沌」という。仏教では「般若の知恵」というのだろう。「知恵」を欠いた「知識」は人を幸せにはしない。教育とは本来、「ありのまま」をお互いに手渡し確かめ合う作業ではないか?知識技能の伝授は二の次で良いのだ。 -9/14

◆レッスンでのこと。「頭で分かろうとしなしないで下さい。からだからからだに伝わるものを大切にして下さい。」「理解しようと努力するとしかめっ面になります。(意識が)からだに蓋をしてしまいます。ポカンとして、自分を空っぽにして見ていて下さい。」意識を通さずに(介さずに)「からだ」から「からだ」へと直接に伝わるものがあります。そういう「学び」があるのです。そうしなければ学べないことがあるのです。 -9/15

◆私に三線を奏でさせ、唄を歌わせる「誰か」が居る。それを私は神や仏とは呼びたくない。名を付けた途端に「誰か」は、「誰か」ではない私や人間の所有物となる。敢えて呼ぶなら「自然」と名付けようか、私と身一つの「誰か」を。だから「自然」がより良き音色を奏でてくれるように、三線の音色と私の声に、私の演奏と歌はこれで良いのかと、繰り返し奏でては問いかける。
(からだとことばのレッスンではこの「誰か」をあるいは「何か」を『からだ』と呼びます。「いのち」とも。) -9/17

◆空っぽにしようとイメージしてもだめなんだなぁ~。元来、誰もが空っぽなんだから。(空っぽというイメージが、空っぽを見えなくするのです!。思い描くイメージと、それを見る私が対立して力(リキ)んじゃう。なので空っぽは押し退けられちゃう。妄想にご注意~笑) -9/21

レッスンはずっと続いています。レッスンとは沈黙の側に立って人と出会うことです。レッスンをするとは、私と私自身の居場所・拠り所としての世間から、もろ手を挙げてはみ出すことのようです。そこに開ける素朴な喜びを求めて。

さてさて、どこへ行くのやら(笑)

レッスンのスケジュールは、人間と演劇研究所HPでご案内しています。11月にはワンディWSも予定しています。よろしくお願いします。(瀬戸嶋)

関連記事
2018年05月31日 (木) | Edit |
DSC_1302ed.jpg

4月~5月にかけて参加費用の値下げを含めた検討をしていましたが、6月からは従来通りの参加費で継続させて頂きます。
ただし初めてレッスンに参加される方の初回参加費用を、体験参加費として 2,000円の割引とさせていただきます。

・定例会等、定期的な催しの参加費用 各回 5,000円、物語WS 11,000円
・体験参加費 初回一回のみ 2,000円 の割引
・個人レッスン 2時間 15,000円

4月から5月の試行期間を持ちましたが、研究所の活動を継続していくには、従来の費用でやって行くしかないと判断しました。
皆さまも何かと大変かと思いますが、引き続きどうぞよろしくお願いします。

瀬戸嶋 充・ばん

関連記事